GANWELL納車

img_20161217_131413

中古のGANWELLのフレームをベースにした完成車を納車しました。
ハンガー上の直付ワイヤーリードやトップアウターバンド仕様、塗装のやれ具合で結構古めのフレームと思われます。
70年代後半~80年代位ですかね。
このフレーム、知っている人が見ると出所はすぐにわかると思いますが。。

オーナーさんは初めてのロード。
何が良いのかもわからないので、まずは手頃なもので乗りながらゆっくり考えて行きたいという事でした。
それでも何度か相談しているうちに、こういうフレームのクラシックな雰囲気やカラーが好み、ゆくゆくはコンポは旧型のカンパにしたい、通勤も長距離も乗れるようになど段々とまとまってきました。
しっかりと考えられてて感心しますね。

img_20161217_185609

こちらの手違いで急ぎで組み付けを行う事になってしまい写真を全然撮れなかったのが残念ですが、旧型エルゴレバーはオーナーさん希望、ブレーキは価格と性能面から現行品のPOTENZA、ホイールはフリーの付け替えでカンパ対応出来る新品をおすすめして、結果最初の一台でシマニョーロになりました。
予算からその他のパーツは手頃でかつ変則組みでも無理なく動くものを選定して、全てオーバーホール・調整して組み付けました。

中古はビンテージでなければ新車よりもリーズナブルに組める事も多いし、スポーツ車の入口としての選択肢として自分はありだと思います。
それだけでなく洋服で言えば古着と同じで現行品にはない当時の雰囲気や一期一会的な感覚が何より魅力的。
自身も中古ものを多く乗り継いでいます。
ただ、車体のコンディション、具体的にはフレーム・フォークの歪みやパーツの消耗度合い、交換が必要な場合は代替品も含めて調達・使用の可否など、要するに安全で快適に乗り続けられるのかというとある程度の知識や技術がないと難しい事が多いのは事実。
興味はあるけどそういった不安がある、実際手に入れたけどうまく動かないといった方がいらっしゃいましたら、一度当店にご相談ください。
出来るだけ力になれるよう努力致します!

お住まいも近くという事でしたので、気軽に調整・カスタムにお越し下さい。
ありがとうございました!

img_20161217_185749